アスリートのお酒と食事【飲んでも大丈夫!ハイボールのすすめ!】

この記事は約16分で読めます。
スポンサーリンク
ぴる
ぴる

こんにちは。ぴるです。
みなさん、お酒は好きですか?僕はお酒大好きです。
美味しくお酒を飲むためにトライアスロンをやっていると言っても過言ではないほど
(さすがに過言ですが。。。笑)

トライアスロンに限らず、スポーツをやっている方にはこんな疑問をお持ちの方も
多いのではないでしょうか?

初心者トライアスリート
初心者トライアスリート

トレーニングはするけど、お酒もやめられないな。
でも、お酒はアスリートにとってよくないよな。。。
付き合いとかもあるし、どうすればいいんだろう、、、

僕もそう思っていましたが、少しの工夫でお酒とトレーニングをうまく両立させることができるのです!ということで、今回はアスリートとお酒をテーマに記事を書かせていただきます!

スポンサーリンク

結論:ハイボールならOK!

なにごともまずは結論から、我が家ではハイボールならよし!としています。理由は後述しますが、ハイボールはウィスキーと炭酸水を割って作るお酒で、お酒としてこんな魅力があります。

食事に合いやすい!

ハイボールはアルコール度数が低いため和食、洋食、中華などどんな食事の邪魔もしないため、お酒に合わせて食事を工夫しなくても良いため、毎日の献立に悩むことがないので料理担当の負担を減らせます!

コスパがいい!

ハイボールを作るためのウィスキーと炭酸水はコンビニやスーパーでも売られています。一般的なハイボールの配分は「ウィスキー:炭酸水=1:4(30ml:120ml)」です。少し細かい計算ですが、ウィスキーと主なお酒で価格の比較をしてみましょう。

ビール(キリン一番搾り生ビール):4,858円 / [350ml × 24本] = 202円 / 本

第三のビール(サントリー金麦):2,719円 / [350ml × 24本] = 113円 / 本

焼酎(黒霧島): 3,195円 / [1800ml × 2パック] = 80円 / 杯[90ml]

ウィスキー(ブラックニッカ):765円 / 700ml
炭酸水(ウィルキンソン):3,582円 / [500ml×48本]
→ ハイボール:約51円 / 1杯

※価格はすべて現時点(2020年9月26日現在)でのAmazonで最安値の価格です

 このように、主要なお酒と比べてかなり家計に優しいお酒とも言えます。

いろいろなバリエーションが楽しめる!

ハイボールは混ぜるものによって様々な種類のがあり、飽きることなく飲めるという良さもあります。

レモンハイボール・・・レモンシロップ:ウィスキー:炭酸水=1:1:4 爽やかな香り

コークハイボール・・・ウィスキー:コーラ=1:4 ロッケンロールな味わい

梅ハイボール・・・梅酒:ウィスキー:炭酸水=1:1:3 和食とも相性がいい

ぴる
ぴる

以上!ウィスキーのメリットでした!で、終わってしまうと
ぴるの宅飲みバンザイ!
にタイトルを変更することになってしまうので、
ここからはちゃんとアスリートとお酒の付き合いについて書きますね。笑

トライアスロン初心者とお酒:お酒のメリット

ぴる
ぴる

昔から「酒は百薬の長」といいますよね。
そう言うからには、やはり体にいい効果があります。
まずは都合よく、メリットから紹介しましょう。笑

ストレス発散

アルコールにより脳が軽く麻痺し、結果的にリラックスしてストレスを軽減する効果があります。もちろん適量での効果ですので、過度な摂取は禁物です!

疲労回復効果

アルコールの摂取により血管が拡張され、血行がよくなります。結果的に新陳代謝がよくなって疲労回復にも効果があります。

トライアスロン初心者とお酒:お酒のデメリット

ぴる
ぴる

もちろん、お酒を飲むことはメリットばかりではありません。
上手にお酒と付き合うためにはお酒のデメリットも知っておきましょう。

カロリーの過剰摂取

お酒には食欲増長効果があります。お酒自体には糖分は少ないのですが、一緒に摂る食事に脂質や糖質を多く含むものが多く、食事の過剰摂取が体に悪影響を及ぼします。お酒と一緒に食べる食事がいくら美味しいからと言っても、食べ過ぎは禁物です。

ビタミンが失われる

アルコールにはビタミンの消費を促す効果があります。これはアルコールを代謝する過程で、アルデヒドして体外へ排泄するのにビタミンを消費するためです。ビタミンが不足すると疲労感や倦怠感が増すと言われています。

テストステロン分泌量の減少

テストステロンとはいわゆる男性ホルモンの一種で、筋肉を増強するために必要な成分です。この分泌が阻害されることにより、筋肉の形成が阻害されてしまいます。

脱水症状を引き起こす

トレーニングの前後は発汗作用とアルコールによる利尿作用により、体内から水分が失われやすくなります。水分が体から欠乏すると脱水症状により脱力感が増したり、体の動きが鈍くなるなどの症状が現れてしまいます。

トライアスロン初心者とお酒:飲み物が体に与える影響

醸造酒と蒸留酒

お酒を作る過程で、まずは発酵作用を利用して糖類を分解させてアルコールを作り出します。この発酵させた状態のお酒が醸造酒です。この醸造酒を蒸留させて作るのが蒸留酒です。したがって、蒸留酒はアルコールと香味成分でつくられるため、醸造酒と比べて糖分が少ないことが特徴です。糖分の過剰摂取は脂肪の吸収を高めるとともに、急性糖尿病を引き起こす恐れがあるので体への負担があると言えます。また、主な蒸留酒と醸造酒は下記のとおりです。

醸造酒・・・ビール、ワインなど

蒸留酒・・・ウィスキー、焼酎、ラム、テキーラなど

炭酸水の効果

「炭酸は体に悪いから飲んだらだめ!」と言われたことはありませんか?自販機などで売られている炭酸飲料は糖分とリン酸をかなり多く含んでおり、脂肪の吸収を増長したりカルシウムの吸収を阻害したりしてしまうため悪影響があるといえます。
しかし、炭酸水自体には多くの二酸化炭素(CO2) 含んでおり、これらを多く摂取することで血中の二酸化炭素濃度が高まり、酸素を多く取り込むようになります。結果的に疲労回復効果代謝の向上に効果があります。
また、炭酸自体には胃の膨張効果を引き起こし、食事量が減ってしまう懸念もあると言われています。逆に考えると、食事の過剰摂取を防ぐ効果があると言えます。もちろん限度はありますが。したがって、トレーニングとは相性のいい飲み物ということができます。
最近は自宅で作れる炭酸水メーカーも流行っており、飲む直前に炭酸水を作ることができるため、気が抜けることなく、好みの炭酸量に調整できるので頻繁に炭酸水を飲む場合にはおすすめです。お子さんに糖類の少ない炭酸ジュースを作ることもできるので汎用性は高いですね。

結論:ハイボール = 蒸留酒 × 炭酸水 → アスリートにおすすめ!

先にも書いたように、ハイボールは蒸留酒(ウィスキー)と炭酸水を割って作るお酒です。それぞれのメリットは書かせていただいたように、お酒の中でもハイボールはアスリートにおすすめといえます。

トライアスロン初心者とお酒:お酒を飲むときの注意!!

ビタミンを多く含むおつまみを食べる!

先に書いたように、アルコールにはビタミンを消費してしまう働きがあるので、食事よって不足したビタミンを摂取するといいでしょう。ビタミンを多く含むおつまみは

冷奴

納豆

枝豆

レバーの焼き鳥

豚肉キムチ炒め

などがあります。居酒屋さんでもよく見かけるメニューですが、スーパーでもよく売られている食材でできるので、宅飲みの際にも意識しておつまみを用意することをおすすめします。

こまめな水分補給!

先にも書いたように、アルコールによって脱水症状になりやすく、お酒で水分を摂取しているように勘違いしてしまうことため忘れてしまいがちですが、お酒を飲んだら十分に水分をとるようにしてください

まとめ:メリットのある飲み方にしましょう!

ぴる
ぴる

お酒にはメリットもデメリットもありますが、やはりデメリットには気をつけたいですね。
アスリートにとって体調の変化はトレーニングの効率に影響します。
十分に気をつけてお酒と付き合いましょう。
それに、不健康な体ではトライアスロンも人生もつまらないですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました