【育児代行サービスの比較】頑張るママさん、少しだけ休憩しませんか?

この記事は約5分で読めます。
忙しいパパママ
忙しいパパママ

子供の世話と家事をしていると、睡眠時間も自分の時間もなくて、めっちゃしんどい…
手軽で割安にベビーシッターが利用できたら、使うんだけどな…

今回の記事では、そんな疑問を解決します。

本記事の内容

  • 育児代行サービスとは
  • 育児代行サービスの利用者数
  • 育児代行サービス比較
ぴる
ぴる

最近登場した制度を活用すれば、一般人でも代行サービス(ベビーシッター)は利用しやすくなります。この記事では、睡眠不足や不安でお疲れのママさんのために、ベビーシッターに関する情報をわかりやすく解説します。

代行サービスとは

f:id:ReiWorker:20210810105536p:plain

代行サービスとは、忙しいママのために誰かが代わりになって家事や育児をやってくれるサービスです。「ハウスキーパー」や「ベビーシッター」というほうが一般的かもしれません。ドラマや映画などで見る「執事」や「召使いさん」ではなく、必要なときだけ家に来てもらうようなものが一般的です。 

「そんなことは自分でできる」というサービスが多いように感じるかもしれませんが、逆に言えば「他人でもできる」ことは他の人におまかせして、その分しっかり体を休めたほうが、ママの心や体にとってメリットになります。

代行サービスの利用者数

f:id:ReiWorker:20210810105636p:plain

女性の社会進出や、核家族化の時代背景により、年々代行サービスを利用する人は増加しているようです。2015年頃からはマッチング型のシッターサービスなども登場し、 ある事業者の利用者数が、2018年には25万件だったのが2020年には100万件を突破しており、近年急激に利用者数が増えているようです。

政府の助成金制度もあり、年々条件がよくなっているため、今後さらに利用しやすくなり、利用者数も増加していくと言われています。

代行サービスの注意点

f:id:ReiWorker:20210810105722p:plain

ベビーシッターを利用するにあたり、いくつか注意する必要があります。

保育資格

言葉も話せない我が子を、他人に預けるのは心配ですよね?保育園に子供を預けられるのは、子供の扱いのプロである「保育士さん」がいるからだと思います。保育資格を保有しているシッターさんを選べば、心配は少なくなります。

助成金制度

育児代行サービスには、国からの助成金によって割安で受けられるものもあります。頻繁にサービスを利用する場合は、助成金制度が利用できるか確認しましょう。

助成金制度の例

令和3年度 内閣府「企業主導型ベビーシッター派遣事業」
○割引額:対象児童×2枚(最大4,400円)/1回あたり(多胎児2人:9,000円、多胎児3人以上:18,000円)
○所得制限 なし
○利用手数料 大企業:割引額の8% 中小企業:割引額の3%
○実施事業者 公益社団法人全国保育サービス協会

代行サービスの利用例

代行サービスには、事業者や担当者によって下記のような様々なサービスが受けられます。必要な時期やタイミングに応じたサービスを選びましょう。

寝かしつけ

子どもを寝かしつけてくれるサービスです。赤ちゃんのお世話をしていると、睡眠不足になりがちですが、特に新生児のうちは深夜でも3時間に一度は授乳などのお世話が必要です。寝かしつけている間にママさんが仮眠を取ることもできるので、慢性的な睡眠不足を解消するためにも利用したいサービスです。

保育園の送迎

出張や早朝の会議、子供の急な発熱などで、保育園の送り迎えが毎日同じ時間にできない日があるかもしれません。そんなときに代行サービスを利用すれば、職場にも保育園にも迷惑をかけずに済ませることが出来ます。

料理作り置き

育児が忙しくて、ついつい料理がテキトーになってしまう…なんてことはありがちです。たまにならいいですが、毎日そんなことが続くと、栄養が偏ってしまい親子ともに病気がちになってしまうかもしれません。料理を作り置きしておいてもらえば、忙しくても、美味しくて栄養のあるご飯を食べることができます。

買い物

食事の支度をしなくちゃいけないのに、小さい子供を連れていると、買い物に集中できないということもあります。食材を買ってもらえるだけでも、外出の辛さを解消することができるため、負担がかなり軽減されます。

おすすめの代行サービス

f:id:ReiWorker:20210810110858p:plain

店舗や広告が少なく、最近事業者が増えているので、あまり知られていないかもしれませんが、世の中には多くの家事・育児代行サービスがあります。中でも、利用者とスタッフの多い5つの業者の特徴を紹介します。

キッズライン

キッズライン – 1時間1,000円(手数料別)から安心安全のベビーシッター
安全安心のベビーシッターサービス。全員面談と研修を経たベビーシッターで、病児保育等の急な依頼に対応できる方も登録しています。入会金不要で手続きもオンラインで簡単!すぐにご利用いただけます。
  • マッチング型のシッターサービス
  • 単価が最も安い(1,000円〜)
  • 24時間対応可能
  • 「内閣府認可シッター割引券」が利用可能

CaSy

CaSy(カジー) - 1時間2,409円(税込)からWebで簡単予約。お財布と心が笑顔になる家事代行サービス -
忙しいあなたも、Webからいつでも簡単予約。独自のオペレーションにより無駄を省き、低価格を実現しました!気軽に使える家事代行サービスで家事代行を当たり前の世界に!
  • 住宅内清掃全般対応
  • スキルテストに合格したスタッフのみ
  • 直前(当日3時間前まで)に予約可能

ベアーズ

家事代行ならベアーズ
ベアーズサービスの特徴・こだわりをご紹介。業界大手・高品質で安心・お客様一人一人に合わせたサービスをご提供します。初回限定お試しプランもございます。まずはお気軽にお問合せを。
  • 「内閣府認可シッター割引券」が利用可能
  • スタッフ数が業界トップクラス(5.8万人)
  • 日本初の「家事代行サービス認証」を取得 

Mammyhills

東京のベビーシッターならMammy-hills
東京のベビーシッター紹介・派遣会社【Mammy-hills】メディアでも話題の家事代行・育児代行。英語でのシッティングで幼児英語教育や幼児受験もサポート。TOEIC900点以上のバイリンガルシッターや外国人シッターの派遣もでき、お試しも最大2回可能です。
  • バイリンガルシッターによる英語教育も可能
  • 「内閣府認可シッター割引券」が利用可能
  • 宿泊サービスも可能

Nichii Life

幅広い家事代行のサービスをご提供!ニチイライフ
ニチイライフの家事代行サービスなら、家事・育児・自費介護など幅広いサービスをご提供します。
  • 家事代行・介護・子育てなど幅広く対応
  • 時間内に組み合わせて同一料金で対応可能
  • 不定期の利用可能

さいごに

ぴる
ぴる

疲れてイライラしたまま子どもに向き合うよりも、一度休んでリフレッシュしませんか?「最近疲れて、イライラしちゃってるかも?」と思うママさんは、ベビーシッターを利用して、心の余裕を作ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました