お金と時間の効率化【自動車の維持費を計算してみましょう】

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。ぴるです。トライアスロンをやっていると、徒歩や自転車の行動範囲が広がり、自動車が必要なくなります。僕ら夫婦はロードバイクがあるので近所10kmくらいなら自転車で移動してます。しかも電車通勤、、、
そうなると、休日の遠出するときにしか自動車を使わないんですよね。維持費もったいなくない、、、?そんな状況の方って、僕ら夫婦だけでしょうか?そんなことはないはず!今回のおすすめ読者は下記の通り。

  • 少しでも家計を最適化したい
  • 自動車は休日にしか使わない
  • 自動車いじりが趣味ではない

この記事を読むと、自動車の維持費を明確化でき、交通手段の最適化が可能になります。

スポンサーリンク

トライアスロンとお金のこと①:自動車の年間維持費=約30万円/年

ここまではまじめに計算したことがある人もおおいんではないでしょうか?ざっくりと我が家の事情をまとめます。

コンパクトカー(1500cc)の場合

  • 自動車税:30,500円
  • 重量税:16,400円
  • 自賠責保険:12,806円
  • 任意保険:65,000円
  • 車検代:75,000円/年 (2年ごと、1度に15万円として計算)
  • メンテナンス費:18,000円 (オイル交換など)
  • 駐車場代:60,000円 (5,000円×12か月)
    合計:277,706円/年
    (毎月 23,142円)

トライアスロンとお金のこと②:自動車維持費でできること

毎月23,142円があれば、どんな移動手段を使えるか検証してみましょう。

タクシー:約3,500円×6.6回

※名鉄タクシー約10km想定

レンタカー:約3,535×6.5回

基本料金:2,525円、燃料費:約
※ニコニコレンタカーSクラス(コンパクトカー)12時間利用の場合
※燃費10l/km×140円/lの場合
ニコニコレンタカー

シェアカー:(約2,080円×1回)+(約2,960円×7.1回) = 8.1回

※1度の利用で20km(3時間)の場合
月額基本料金:880円(無料料金880円)
時間料金:220円/15分
距離料金:16円/km
※タイムズカーシェア

トライアスロン初心者向けの節約術【自転車購入】:180,271円

いきなり衝撃的な価格で、嘘じゃないかと思われそうですが。笑
しかし、性能には一切妥協なしです。トライアスロンに対しても有利な情報になるかと思います。なぜかというと、

  • この機材があればトライアスロンに出場できる
  • 荷物も運べる
  • 子供(ペット)ともお出かけできる
  • おでかけついでにトレーニング(LSD)ができる

という条件で検討しました。前提条件(購入品)は下記のとおりです。

ロードバイク:134,999円

Argon18 Kripton X-road105 Discをwheelrightで購入した場合
なお、wheelrightは海外通販ですが日本語対応した安心のECサイトです。Argon18 Kripton X-roadはカーボンフレーム(1190g)のバイクで、もちろんそのままトライアスロンの試合にも出走できるほどの高性能機材です。
105(イチマルゴ)とは、自転車用パーツで世界シェアを誇るシマノ製の上位シリーズのパーツ名称です。「上を目指すならまず105」と言われるほど申し分ない性能です。
Discとは、ディスクブレーキのことで、通常のリムブレーキとは異なり、軽いタッチで効き始めるためシビアなタッチを求めるプロから、初心者や女性まで幅広く使いやすい方式です。

サイクルトレーラー:45,272円

※Burley MINOU:1人乗りサイクルトレーラーを購入した場合
なお、Burleyは自転車で牽引可能なトレーラーの主要メーカーですが、その中でもMINOUは一人用で軽量コンパクトを売りにしたモデルです。後部に乗っているお子さんが居眠りしてしまうほどの快適な乗り心地だそうで、僕の近所でも最近良く見かけるようになりました。もちろん、路面や速度によりますが。笑
一応、自転車から取り外せば普通のベビーカーとしても利用可能のようです。

自動車を手放して得られるメリット


我が家はサイクルトレーラー検討中で、すでに自動車は手放しました。そこで感じたメリットをあげます。

  • 車検や定期点検の手間がなくなった
  • 洗車の必要がなくなった
  • 知人・友人から送迎を頼まれることがなくなった
  • 自動車に対する興味が変化し、”車に対する凝り性”がなくなった

自動車を手放したことによるデメリットと解決方法

我が家で実践している自動車を手放すことでのデメリットとその解決策は下記のとおりです。案外、工夫すればなんとかなるものですし、都心部では車を持たない人がほとんどなので、「なくてはならない」という発想を捨ててしまいましょう。

  • 雨の日に出かけられない → 事前に天気予報をよく見て行動予定を立てる
  • 遠出できない → レンタカーを利用する
  • 緊急時に病院などへの送迎ができない → タクシーを利用するorサイクルトレーラーを購入する
  • 大きな家具などが買えない → ECにて購入 or ホームセンターのトラック貸出サービスを利用する

※タクシーによってはペット禁止の場合もあるので、予約時に確認をとるようにしてください。

まとめ

今回の記事は一般の人には「いや、自転車じゃそこらへんまでしかいけないでしょ!」とかクレームを言われてしまいそうな内容ですが、少しでも家計を絞って生活を最適化しつつ、トライアスリートとしての鍛錬も欠かさない作戦のひとつです。趣味と家庭の両立をめざすトライアスロン初心者の方におすすめの節約術&トレーニング方法(?)でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました