「にんじん」を使った簡単な離乳食おすすめレシピ5選!赤ちゃんに必要な栄養素と選び方も紹介!

子育て

にんじんはスーパーで購入しやすく、栄養豊富なので、離乳食に積極的に取り入れたい食材ですよね。しっかり下ごしらえをすれば離乳食初期から食べられます。この記事では、にんじんを食べられる時期や、離乳食におすすめする理由、下ごしらえや保存方法、月齢に合わせたレシピを紹介します。簡単に作れるので、ぜひ参考にしてください。

にんじんの離乳食はいつから食べられる?

にんじんを離乳食として与えることができるのは、生後5〜6ヶ月頃からです。にんじんを柔らかく加熱してペースト状にすりつぶせば、離乳食初期から食べられます。

にんじんが離乳食におすすめの理由

にんじんはスーパーで安く売られており、手に入りやすい食材ですが、離乳食の食材としてもおすすめです。ここからは、にんじんが離乳食におすすめの理由を説明します。

βカロテン・食物繊維・カリウム

にんじんは、子供の成長のために必要な「鉄分βカロテン(ビタミンA)」や「食物繊維」、「カリウム」などが豊富です。特に食物繊維は、便秘になりやすい赤ちゃんにとって重要な栄養素なので、手軽に取り入れられるにんじんはありがたい食材ですよね。

調理しやすい

にんじんは調理が簡単なので、離乳食の食材として人気があります。皮が向きやすく、下ごしらえも簡単です。少ない調理手順で作れてしまうので、忙しいママも積極的に取り入れていきましょう。

にんじんの選び方・下ごしらえ・保存法

選び方

スーパーなどで美味しいにんじんを選びたいときは、以下のことに注意しましょう。

  • 果肉の色が濃いオレンジ色で、表皮がなめらかなもの
  • 茎の切り口の軸部分(切り株)が小さいもの
  • 葉がついていた部分が黒ずんでいないもの

下ごしらえ

特に必要ありませんが、しっかり洗って泥を落とし、皮をむきましょう。皮は、薄く剥いた方が栄養素をたっぷり残せます。

にんじんの冷凍保存

〈生のにんじんを冷凍保存〉保存期間:約1ヶ月

  1. にんじんを綺麗に水洗いして皮を剥く
  2. 調理しやすい大きさに切る(薄く切るのがおすすめ)
  3. 水気をしっかり取る
  4. 薄く平らになるように保存袋に並べて冷凍する

使うときは、解凍不要です。凍ったまま、加熱調理をしてください。

〈生のにんじんを冷凍保存〉保存期間:約1ヶ月

  1. にんじんを綺麗に水洗いして皮を剥く
  2. 調理しやすい大きさに切る(薄く切るのがおすすめ)
  3. 鍋に水とにんじんを入れて、茹でる。
  4. 沸騰してから約40秒で、にんじんを鍋から取り出す
  5. 粗熱を取って、水気をしっかり切る
  6. 薄く平らになるように保存袋に並べて冷凍する

使うときは、解凍不要です。凍ったまま、加熱調理をしてください。すでに下茹でしてあるため、調理時間が短くて済みます。

にんじんを使った離乳食レシピ①【離乳食初期:5~6ヶ月】

生後5〜6ヶ月の離乳食初期におすすめのレシピをご紹介します。

にんじんのペースト

材料

  • にんじん ・・・1/2本
  • 水    ・・・適量

作り方

  1. にんじんを洗って皮を剥く。
  2. にんじんを1cm角に切る。
  3. 小さめの鍋に、にんじんと少量の水を入れ、蓋をして中火で茹でる。沸騰したら弱火にして茹でる。(目安:8~9分)
  4. 茹で上がったら、粗熱を取って、すりつぶす。裏ごしでも可。
  5. 4に茹で汁を加え、お子様に合った柔らかさに伸ばして完成。

*製氷機などを使って小さじ1ずつ冷凍すると、使う時に便利です。

にんじんを使った離乳食レシピ②【離乳食中期:7~8ヶ月】

生後7〜8ヶ月の離乳食中期におすすめのレシピをご紹介します。

人参と大根の出汁煮

材料

  • にんじん・・・1本
  • だいこん・・・1/3本
  • 出汁  ・・・1L

作り方

  1. 出汁を1リットル用意する。
  2. にんじんと大根を、お子様に合わせて小さくみじん切りにする。
  3. 鍋に、にんじんと大根、出汁を入れて中火で煮込む(目安:1時間ほど)
  4. 出汁がほとんどなくなるくらい煮込んだら、できあがり。

にんじんの白和え

材料

  • にんじん   ・・・10g
  • 豆腐(木綿) ・・・30g
  • 干しひじき  ・・・小さじ1
  • だし汁(和風)・・・大さじ1/2

作り方

  1. にんじんを茹でてすりつぶす
  2. ひじきを水につけて戻し、水気を切る
  3. 豆腐を茹でて水気を切り、すりつぶす
  4. 1,2.3とだし汁を混ぜ合わせる

にんじんを使った離乳食レシピ③【離乳食後期:9~11ヶ月】

生後9〜11ヶ月の離乳食後期におすすめのレシピをご紹介します。

簡単豆腐ハンバーグ

材料

  • にんじん ・・・適量
  • 玉ねぎ  ・・・適量
  • 鶏ひき肉 ・・・200g
  • 絹ごし豆腐・・・150g
  • 片栗粉  ・・・大さじ2
  • 塩コショウ・・・適量

作り方

  1. にんじん、玉ねぎをみじん切りにする。
  2. ボウルに、にんじん、玉ねぎ、鶏ひき肉、絹ごし豆腐、片栗粉、塩コショウを入れて混ぜる。
  3. フライパンにオリーブオイルを少量ひいて、熱する。
  4. ハンバーグの種をスプーンですくって、フライパンに乗せて焼く。
  5. 弱火で焼き、焼き目がついたらひっくり返す。
  6. 蓋をして弱火で約6分焼く。
  7. 火がしっかり通ったら出来上がり。

※一つずつラップに包めば、冷凍保存もできます。

きんぴらごぼう

材料

  • ごぼう ・・・20g
  • にんじん・・・20g
  • しょうゆ・・・1滴
  • 砂糖  ・・・ひとつまみ
  • 白ごま ・・・少々

作り方

  1. ごぼうとにんじんの皮を剥き、細かく刻む
  2. 1を柔らかくなるまで茹でる
  3. しょうゆ、砂糖を加えて和える
  4. お皿に盛り付け、白ごまを散らす

にんじんを使った離乳食と相性の良いレシピ3選

まとめ

この記事では、

  • にんじんを食べられる時期
  • 離乳食におすすめする理由
  • 下ごしらえや保存方法
  • 月齢に合わせたおすすめレシピ

を紹介しました。時間があるときに、まとめて作って冷凍保存すれば、時短調理になります。簡単に作れるので、ぜひ参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました