「ほうれん草」を使った簡単な離乳食おすすめレシピ5選!赤ちゃんに必要な栄養素と選び方も紹介!

子育て

ほうれん草はスーパーで購入しやすく、栄養豊富なので、離乳食に積極的に取り入れたい食材ですよね。しっかり下ごしらえをすれば離乳食初期から食べられます。この記事では、ほうれん草を食べられる時期や、離乳食におすすめする理由、下ごしらえや保存方法、月齢に合わせたレシピを紹介します。簡単に作れるので、ぜひ参考にしてください。

ほうれん草の離乳食はいつから食べられる?

ほうれん草を離乳食として与えることができるのは、生後5〜6ヶ月頃からです。葉の部分は離乳食初期から、硬い茎の部分は離乳食後期から食べられます。離乳食初期には、茹でた葉をペースト状にして与えますが、徐々に粗めの食感でも食べられるようになっていきます。

ほうれん草が離乳食におすすめの理由

ほうれん草はスーパーで安く売られており、手に入りやすい食材ですが、離乳食の食材としてもおすすめです。ここからは、ほうれん草が離乳食におすすめの理由を説明します。

栄養が豊富

ほうれん草は、子供の成長のために必要な「鉄分」や「βカロテン」などが豊富です。特に、鉄分は離乳食期の赤ちゃんにとって重要な栄養素なので、手軽に取り入れられるほうれん草はありがたい食材ですよね。

加熱・冷凍しても栄養がそのまま

生のほうれん草が含むビタミンB1、ビタミンB2は熱に強いため、茹でても残存率が下がりにくいです。また、茹でることによってカサが減るため、生野菜より大量の野菜を摂りやすくなり、そのぶん栄養の摂取量も増えます。

一方で、冷凍した場合は栄養価があまり変わらないため、むしろ冷蔵よりも冷凍の方が栄養価を残すことができます。すぐに使えない場合は、冷凍保存しましょう。

ほうれん草の選び方下ごしらえ・保存法

選び方

スーパーなどで美味しいほうれん草を選びたいときは、以下のことに注意しましょう。

  • 葉先がピンと張り、シャキっとしているもの
  • 葉肉が厚く、緑色が濃いもの
  • 根本の赤色が濃く、付け根部分がふっくらしたもの

あく抜きの仕方

ほうれん草には、えぐみを感じさせる「アク」が多く含まれます。アクが多いと、料理の仕上がりが悪くなってしまうだけでなく、「シュウ酸」という成分を余分に摂取することになります。シュウ酸の過剰摂取は、結石を作る原因となり、尿道結石を発症する恐れがでてきます。そのため、必ず「あく抜き」という下処理を行いましょう。

あく抜きの方法は簡単です。

  1. 沸騰したお湯に塩を入れて2〜3分茹でる。

茹で上がりを均等にするために、火の通りにくい根本部分から茹でましょう。

  1. 茹でたほうれん草を、冷水にさらす。
  1. 水気をしっかり切る。

ほうれん草の冷凍保存

〈生のほうれん草を冷凍保存〉保存期間:約1ヶ月

  1. ほうれん草を綺麗に水洗いする
  2. 調理しやすい大きさに切る
  3. 水気をしっかり取る
  4. 保存容器に入れて冷凍する

使うときは、解凍不要です。凍ったまま、加熱調理をしてください。調理前に解凍してしまうと、黒っぽい水分が出てしまいます。

※生のほうれん草の冷凍保存は手軽で簡単ですが、茹でた場合と比べて色が悪く、食感も悪くなります。

〈茹でたほうれん草を冷凍保存〉保存期間:約1ヶ月

  1. 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩(小さじ1)を加える
  2. ほうれん草の茎だけを先に浸し、30秒ほど茹でる
  3. ほうれん草の全体をお湯に浸し、追加で30秒ほど茹でる
  4. 茹で上がったほうれん草を冷水にさらし、水気をしっかり切る
  5. 小分けにカットし、ラップに包んでから保存袋に入れて冷凍する

使うときは、常温か冷蔵庫で自然解凍するか、電子レンジで解凍しましょう。加熱調理する場合は、解凍する必要はありません。凍ったまま調理してください。

ほうれん草を使った離乳食レシピ①【離乳食初期:5~6ヶ月】

生後5〜6ヶ月の離乳食初期におすすめのレシピをご紹介します。

ほうれん草のペースト

材料

  • ほうれん草(葉先のみ)・・・1袋
  • 水    ・・・適量

作り方

  1. ほうれん草をよく洗う。
  2. 沸騰したお湯にほうれん草を入れて、柔らかくなるまで茹でる。(目安:2~3分)
  3. 茹で上がったら、冷水にさらしてアク抜きをする。
  4. 水気を切って、みじん切りにする。
  5. ハンドブレンダーに、ほうれん草と水を数滴入れてペーストにする。
    (ハンドブレンダーがない場合は、こし器で裏ごししてください。)

*製氷機などを使って小さじ1ずつ冷凍すると、使う時に便利です。裏ごしした場合は、出来上がりが少し固めなので、ミルクなどで伸ばして使いましょう。

ほうれん草を使った離乳食レシピ②【離乳食中期:7~8ヶ月】

生後7〜8ヶ月の離乳食中期におすすめのレシピをご紹介します。

ほうれん草の白和え

材料

  • ほうれん草・・・4枚
  • 豆腐   ・・・50g
  • 醤油   ・・・小さじ1/2

作り方

  1. ほうれん草を沸騰したお湯で茹で、冷水にさらしてアク抜きする
  2. 茹でたほうれん草を細かく刻む
  3. 豆腐は電子レンジなどを使って加熱し、水気を切ってからほぐす
  4. ほうれん草、ほぐした豆腐、醤油を和える

ほうれん草ささみのクリーム煮

材料

  • ほうれん草・・・20g
  • コーン缶 ・・・10g
  • 鶏ささみ ・・・10g
  • 豆乳   ・・・100ml
  • 片栗粉  ・・・小さじ1/2

作り方

  1. ほうれん草の葉先を茹でて水にさらす
  2. 茹でたほうれん草を一口大に、コーンと鶏ささみはみじん切りにする
  3. 鍋に材料を全て入れ、とろみがつくまで加熱する

ほうれん草を使った離乳食レシピ③【離乳食後期:9~11ヶ月】

生後9〜11ヶ月の離乳食後期におすすめのレシピをご紹介します。

ほうれん草とじゃがいものコーンソテー

材料

  • ほうれん草     ・・・1株
  • コーン(缶詰・冷凍)・・・大さじ1
  • バター       ・・・2g

作り方

  1. ほうれん草を一口サイズに切る
  2. フライパンにバターを熱し、ほうれん草の茎部分とコーンを炒める
  3. しんなりしてきたら、ほうれん草の葉部分を加えて炒める
  4. 全体的に火が通ったら、できあがり

野菜たっぷりケークサレ

材料

  • 小麦粉      ・・・100g
  • ベーキングパウダー・・・小さじ2
  • 粉チーズ     ・・・小さじ1
  • 卵        ・・・1個
  • 牛乳       ・・・100ml
  • ベーコン     ・・・約50g
  • ほうれん草    ・・・1束
  • 玉ねぎ      ・・・1/4玉

作り方

  1. ベーコン・野菜を1cm角くらいに切る
  2. 小麦粉・ベーキングパウダーをボウルに入れて混ぜ、卵・牛乳・粉チーズを入れて少し混ぜ、切ったベーコンと野菜を入れる
  3. 焼き型に生地を流し入れ、210℃のオーブンで25分焼く

ほうれん草を使った離乳食と相性の良いレシピ3選

まとめ

この記事では、

  • ほうれん草を食べられる時期
  • 離乳食におすすめする理由
  • 下ごしらえや保存方法
  • 月齢に合わせたおすすめレシピ

を紹介しました。時間があるときに、まとめて作って冷凍保存すれば、時短調理になります。簡単に作れるので、ぜひ参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました