高価な機材のお得な購入方法【割引率80%!?海外通販のススメ】

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんばんわ。ぴるです。今回は、トライアスロンに必要な機材の購入方法を紹介します。トライアスロン、主にロードバイク機材は高額なものが多く、これから機材を揃えようとする方にとって、二の足を踏む最大の原因となっているのではないでしょうか?僕がトライアスロンを始めた頃は独身で、比較的自由にお金を使えていました。今でも必要なものにはお金をかけていますが、住宅ローンや家財や家族の生活費などがあり、なかなか趣味だけに使えるお金は増やしにくくなりますよね。そんな費用の工面に悩んでいる方々に対して、安く・性能のいい機材を購入する方法を紹介します。また、初めての方はどのようなものを選べばいいかわかりにくいかと思いますので、選ぶ基準選んではいけないものの基準も紹介いたします。なお、必要な機材は別の記事にまとめましたので、そちらを参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

購入方法1 フリマアプリ 難易度★★☆☆☆

おすすめの理由

中古品を購入することになりますが、やはりこれは王道です。この方法をオススメするのはフレーム、コンポーネントなどの比較的高額で耐久性のあるものです。フレームの購入基準は、下記の通り。

  • デザインが好み
  • 自分の体に合っている
  • 性能対費用のバランス

オンラインでの購入を検討する場合「自分の体に合っている」かどうか判断するのは困難でしょう。購入サイトと雑誌のインプレッションを見比べて、ぼんやりと想像することはできますが。そこで、フリマサービスをお勧めする理由は、現オーナーと連絡が取れることです。フレームやコンポーネントなどはものによっては10年以上も使えるほどの耐久性を有していますが、あまりにも古い機材となるとネット上に情報がないものもあります。フリマサイト最大のメリットは現オーナーと身長や体重などが類似しているかどうかを比較できることです。

注意すること

いうまでもなく、フリマアプリでの購入は個人間の売買になるため「商品の知識」が必要になります。知識がないと、不良品や使用不可品を購入する可能性もあるので注意してください。

不良品の例

例1. 「クラック」または「補修歴」のあるカーボンフレーム…走行中に破断する可能性があります

例2. 「代理出品」…商品の欠陥を正確に説明しない言い訳として悪用されている可能性があります

破断したフロントフォーク

使用不可品の例

例1. 10速装備と11速装備の組み合わせ…使用中の機材が11速だと、10速の機材は互換性がありません

例2. 「中華カーボンフレーム」…正規品と寸法が違ったり、仕上げが悪く使用中に破断しまうこともあります

中華カーボンは何がやばいのか:http://d09speed.blogspot.com/2015/12/blog-post.html

購入方法② 海外通販 (難易度★★★)

オススメの理由

購入方法2 海外通販 難易度★★★☆☆

ロードバイクをこれから始める方にとってはあまり馴染みがない購入方法ではないでしょうか?案外ロードバイクを長年やっている方にとっては聞き慣れたワードにも思えます。この方法をお勧めするのはホイール、チューブ、タイヤ、プロテインなどの比較的高額な消耗品です。これらのお勧めの最大の理由は何と言っても割引率の高さです。

注意すること

海外のECサイトを利用する場合、関税が発生して表示価格よりも高額になることがあります。しかも、関税は玄関先で現金支払いする必要があるため、手持ちがなく受け取れないこともあります。なお、関税が発生する基準は下記の通りですので、購入前に関税を含めて支払い額を確認しましょう。また、関税は購入金額や品目によっても金額が変化するので、下記をざっくりと参考にしつつ、細かくは税関のホームページより最新状況を確認しましょう。

関税発生の条件

  • 16,666円以下のものは基本的に非課税
  • 自転車本体・パーツは非課税
  • ウェア類は約10%

海外通販おすすめサイト

これらのサイトは日本語も対応しているため、日本人のユーザーも多く利用しています。注文後のトラブルがあっても問い合わせが日本語でできるというのは安心しますよね。しかも、人気商品が50%以上値引きされており、日本サイトで購入するのがもったいないと感じるほどです。

購入方法3 Amazon / 楽天市場 難易度★☆☆☆☆

あまりにも有名なので説明の必要がないかと思います。おすすめは、商品がすぐに届くこと多くのユーザーレビューが見られることです。この方法でオススメなのは補給食、メンテナンス用品、GPSウォッチなどの消耗品または型落ち品などです。以前にも紹介しましたが、お勧めするGPSウォッチ「Garmin ForeAthlete 230J」などは、型落ち品なので店頭では置いておらず、肌身に付けるものだから中古は躊躇します。そういった商品にはAmazonや楽天市場などの大手ECサイトが効果的な購入方法かと思います。万能なので、①フリマアプリ②海外通販でも探せないものは基本的にECサイトで購入してしまいましょう。

まとめ

トライアスロンの機材は多岐にわたりますが、特にバイク関連の部品は出費の大きな原因になります。しかし、いろいろな購入方法を知っておくことで出費を最小限に抑えることが可能になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました