生後3ヶ月までの首すわり練習方法【体験談】

この記事は約7分で読めます。
ぴる
ぴる

SNSなどで月齢の近い子供の投稿を見ると、「うちの子って成長遅いのかしら・・・」と心配になることがありますよね。
今回は、「首すわり」が出来ていない子のパパママさん向けにトレーニング方法を紹介します。

この記事はこんな人におすすめ

  • 生後3ヶ月を過ぎても首すわりができていない
  • 早く首すわりができるようになってほしい

首すわり時期の目安

首すわり時期の目安は「生後5ヶ月ごろ」と言われています。
3ヶ月検診または4ヶ月検診のときに確認されますが、この時期にできていなくても焦ることはありません。子供の成長は個人差が大きいので、その子に併せた成長を見守りましょう。

 首座り寝返り
2〜3ヶ月未満11.7%1.1%
3〜4ヶ月63.0%14.4%
4〜5ヶ月93.8%52.7%
5〜6ヶ月98.7%86.6%
6〜7ヶ月99.5%95.8%
7〜8ヶ月 99.2%
【厚生労働省】乳幼児身体発育調査(2010)

なお、首すわりが遅い子供には、「頭が大きい」「柔軟性が高い」などの特徴があるようです。
これらの特徴が、その子の人生に大きく影響するわけではないので、気にしなくても大丈夫ですね。

私たちの体験談

月齢ごとの発育履歴

  • 生後1ヶ月と26日:首座りトレーニング開始
  • 生後2ヶ月と12日:寝返り成功
  • 生後2ヶ月と24日:うつ伏せで顔が上がった(首すわり完了!)
f:id:ReiWorker:20211110222338j:plain
f:id:ReiWorker:20211110222334j:plain
f:id:ReiWorker:20211110222331j:plain

首すわりまでにやったこと

  • うつぶせ:10分×5回くらい
  • 腕ひっぱり:朝・夜に各3回
  • 前傾縦抱き:朝・昼・夜に各3回

首すわりの確認方法

首すわりの確認方法は、情報源によって異なるので、ここでは3つの方法を紹介します。

① 腕を引っ張ると首が付いてくる

助産師HISAKOさんのYouTubeに、首すわりに関する動画があります。(動画の3:30〜)

ねねちゃん生後3ヶ月 首のすわりとげんこつしゃぶり

② 縦抱きで首がぐらつかない

上の動画の4:00〜で紹介されている方法です。

③ うつ伏せに寝かせると顔を上げる

うつ伏せに寝かせると、首が座っている子は上体を起こして顔を上げ続けることができます。首すわりが不十分だと、顔がすぐに床についてしまいます。

首すわりトレーニング

① うつ伏せ(おすすめ度:★★★)

boy in red long sleeve shirt sitting on white fur textile

うつ伏せに寝かせて、自主的に顔を上げてもらう方法です。
この方法には、下記のようなメリットがあります。

  • 床に顔がつくのを嫌がり、頻繁に首を持ち上げてくれる
  • 手足がジタバタすることで、全身運動ができる
  • 子ども一人でもできるため、パパママが楽ちん
  • 「体幹」が鍛えられる

② 腕引っ張り(おすすめ度:★★☆)

仰向けに寝かせた状態で、腕を引っ張り、腹筋のような動きをさせる方法です。
この方法のメリットとデメリット(△)は下記の通りです。

  • 負荷が大きく、短時間で効果が得られる
  • △:首が垂れやすく、怖い
  • △:腕や肩への負荷が大きい

③ 前傾縦抱き(おすすめ度:★★★)

f:id:ReiWorker:20211111225206j:plain

縦抱きで前傾にする方法です。
この方法のメリットとデメリット(△)は下記の通りです。

  • 場所を選ばずにできる
  • △:首が垂れた勢いで、前に倒れそうになる
  • △:腰への負担が大きい

④ 目線より高い位置におもちゃを置く(おすすめ度:★☆☆)

baby inside of beige and brown clothこれは①の方法の派生です。うつ伏せに寝かせて、目線より高い位置に興味を引くもの(おもちゃ)を置き、顔をあげさせる方法です。
この方法のメリットとデメリット(△)は下記の通りです。

  • ①と同様
  • △:興味のあるおもちゃが必要

トレーニングの注意事項

baby laying on bed

首座りトレーニングを行う際、下記の点に注意しましょう。

  • 首の関節や神経を傷つけないようにする
  • 床に顔面や後頭部をぶつけないようにする
  • うつ伏せで、窒息しないようにする

対策方法は下記の通りです。

  • 頭を支えられるように準備をしておく
  • 周りに柔らかいもの(タオルやぬいぐるみ)を置かない
  • 床を「硬すぎず、柔らかすぎない」素材にしておく

北欧風でこんなおしゃれなジョイントマットもあります。

厚みや撥水性があり、洗濯のしやすいものを選びましょう。

おわりに

ぴる
ぴる

首すわりは、毎日のトレーニングで徐々にできるようになります。スキンシップの一環として、焦らずに楽しんでやれるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました