【読書のすゝめ】活字が苦手な人こそ読むべき おすすめ本4選

この記事は約13分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、ぴるです。
タイトルを見てギクッとした人、多いんじゃないですか?
実は、僕はかつて「大の活字アレルギー」だったわけです。
あるいは、現在進行系かもしれません。

そんな僕の苦手な行事といえば、

  • 夏休みの読書感想文
  • 朝の読書の時間
  • 面接で「最近読んだ本は?」と聞かれること

です。夏休みなんて部活で一生懸命ですし、
普段なんて空いた時間に読書するようなタイプじゃなかったので、
大体決まって【見たことのあるドラマか映画】の本を使っていました。
トリック、東野圭吾シリーズ、池井戸潤シリーズは定番ですね。笑

しかし、大人になってくると、読書の大切さに気づくわけです。
そして、なぜこれまで本を読んでこなかったのかと後悔するんです。
そこでぴるが、同じように読書が苦手なあなたのに向けて、
読書の大切さと、初心者におすすめの本を紹介しようと思います!
これから社会人としてバリバリ活躍されようとしている、
20代半ばから30代の方は必見です!

読者の気持ち
読者の気持ち

いや、僕そもそも本なんて読みたくないですし。
トレーニングや家庭のことに時間を使いたいのでパスしますね!

お願いです!ちょっとまって!
読書をすることで、トレーニングや家庭、仕事がうまくいくようになり、
トータルで絶対にメリットになりますよ!
30年間本を読まなかったぴるが言うので間違いありません!
ぜひ、今回の記事は最後まで読んでみてください!

スポンサーリンク

なぜ読書が必要なのか?

社会人の平均勉強時間=1日わずか6分!

これを読んでいる方の大半は、仕事とプライベートの時間が明確に別れていると思います。
仕事に追われてヘトヘトになって帰ってから、プライベートの時間になにをしていますか?
運動、家事、食事など様々かと思います。
その中で、勉強に使っている時間ってどれくらいですか?
殆どの方が「勉強はやっていない」と答えるんじゃないでしょうか?

それもそのはず、実は社会人の家での平均勉強時間は
【1日わずか6分】リクルートマネジメントソリューションズ
となっており、ほとんどの方が勉強をしていないということになります。
逆にいえば『少し勉強するだけで、平均以上は勉強したことになる』ということです。

知識はストレスに強い

また、これを読んでいるトライアスリートの皆さんはお気づきかもしれませんが、
人はストレスに直面したとき、肉体が強いほうがストレスに強いというデータがあります。
これは、人類の進化の中で、ストレス(敵≒肉食動物)に直面したとき、
闘争か、逃走か」の選択肢を強いられることになります。
その判断を誤った祖先は生存できなかったため、現在生存している人類は、
その局面で「勝ち」あるいは「逃げ」を成功させ続けてきたと言えます。

ここで、肉体と同様に生存率を上げるために必要なのが「知識」です。
つまり、知識を持っていることで「ストレスに強くなる」ということが言えます。

話題に困らなくなる

仕事をしていると、取引先や職場の上司などと二人になったり、
なんとなく間をもたせたくて話をする機会があるかと思いますが、
あれ、何話したらいいかわからなくないですか?僕は超苦手です。
さらに、相手も気まずくて話しかけてくるものだから、
お互いの話題にピンと来ていなくて、地獄のような薄い会話になることも。笑

日頃からなにか知識を得ておくと、ふとした時に話題ができます。
例えば『ホッキョクグマがなぜ白いか』って知っていますか?

知識がありすぎる人
知識がありすぎる人

あれは白ではなくて、実は透明なんです。(キリッ)

そこまでご存知の方はちょっと黙っておいてください。(実際にぴるが体験した)
実は、もともとクマ(茶色の毛皮の)たちは北極にはおらず、
徐々に北へ向かったクマたちがいたのですが、最初は茶色の毛皮でした。
しかし、流氷に囲まれた場所で、餌となるアザラシなどを取るためには、
相手から見つからないようにしておく必要があります。
当然、北極で茶色の毛皮は存在しないため、目立ってしまい、
アザラシたちにも逃げられてしまうわけです。
餌を取れないクマたちは生存できず、次第に数が減ってしまうのです。
しかし、ある時突然、毛皮が白のクマが生まれたのです。突然変異ですね。
すると、その白い毛皮のクマは比較的かんたんに餌が捕まえられました。
結果的に、それらのクマは生存率が高くなり、最終的に白い毛皮のクマのみが生き残りました。

まあ、こんな話はどうでもいいのですが、こういう話って、
ふとしたときに使えると思いませんか?
ちょうど今は寒波がきているので、「寒いですね〜、寒いといえば、、、」
みたいに話し出せば、どこでも役に立つ話題だと思うんですよ。

本が苦手な人の特徴

読解力がない

これは慣れるしかありません、、、とはいっても、ぴるもめちゃくちゃ苦手です。
実際、国語のセンター試験は200点満点で50点でした。
いやー当時、志望校があまり文系科目必要ないところでよかった。笑
「このときの筆者の気持ちを答えよ」の問いにすら、たどり着けていませんでした。
なので、社会人になって関係各所から来る日々のメールを読解するのがめちゃしんどい。。。
みんな箇条書きで3コトくらいにまとめてくれないかしら。。。笑

そもそも小説に興味がない

そうそう、僕が本を読まなかったのは、単純に「本に興味がない」どころか、
「本読んでる人たちとは話があう気がしないわ」と、遠ざけていたのも原因でした。
これまでの歴史上、料理や育児、技術の進歩や恋文など、
どんな場面でも文章は使われており、必要ないわけなどないはずですね。
大人になって、少し冷静になってみると
「読もうとすることもなかった本って、なんであんなに好きになる人がおおいんだろう?」
という好奇心が湧いてきました。

なにから手を付けたらいいか分からない

本屋さんにいけばいいんでしょ?または、Amazonで商品ページを開けばいいんでしょ?
と思う方もいるかもしれませんね。初心者のころのぴるもそう思っていました。
そしていざ、Amazonの商品ページを開いて絶望しました。
「・・・で、どの本選べばいいの?」と。
読書に慣れている方は見落としがちですが、そうでない方にとっては、
本屋さんなんて、「男が女性の下着売り場に行く」ようなものです。
要するに、どこから見たらいいかわからないし、うかつに手を付けられない。
そんなストレスに出くわし、現れる選択肢が「逃走」となるわけです。

おすすめの本4選

初心者の本の選び方

先に書いたように「読解力がない」「本に興味がない」という課題があるので、
「読みやすく」、「興味を持てる内容」である必要があります。
これらを満たす僕のおすすめが「お笑い芸人の本」をきっかけにすること。

お笑い芸人というのは、相手の心の懐に入り、言葉や動きで笑わせる仕事。
基本的にどんな芸人でも、わかりやすくて面白い文章を書くのは得意分野なんです。
しかも、芸人は常に最先端の情報をキャッチして笑いに変えているので、
新しいエンタメ、例えばテレビやYouTubeなど、あなたの好きな分野のことを
面白おかしく取り上げることがほとんどです。
「共感」というのはお笑いにとって欠かせない要素ということもあるので。

そういう理由から、読みやすくて面白い、かつ、これから本を読むきっかけにもなりそうな、
ぴるのおすすめの本を4冊、紹介します。

おすすめ1:ナナメの夕暮れ

オードリー・若林が書いたエッセイ。
『学ランの一番上のボタン』
『セーターのタグのチクチク』
など、気になるけど言葉にしない日常を
『ナナメに見てきた』視点に関する漫談。
ぴるは「あーそれわかる!」の連続でした。
ちなみに、オードリーはラジオも面白いんですが、
ラジオパーソナリティとしてもおもしろい若林の著書が
面白くないわけがありません!

おすすめ2:電話をしてるふり

本屋に並んでいたので、つい手にとって読んだ序盤が、
まさかまさかの感動小説!!
BKB、ブンブン!」とか普段やっているキャラ芸人ですが、
そんな彼が書いたとは思えない、
とてもきれいな文章と、見事なフリとオチ。
短編小説なので、初心者でも挫折しにくいと思います。
近くの書店で見かけることがあれば、ぜひ最初の短編小説だけでも読んでみてください。
あなたはきっと、トリコになります。

おすすめ3:すなわち、便所は宇宙である

『几帳面芸人』の千原ジュニアが、
トイレに置いたメモに書いた、
日々思いついたことを綴るネタ帳。
『そんなとこ気になるか!?』の連続で、
読み終わってからは『気になる癖』が感染してしまう中毒性。
『ツッコミの攻略本』のような一冊なので、
読めば日常のなんでもないことでも話題に変えられる力がつきます。笑

おすすめ4:言い訳、関東芸人はなぜM-1で勝てないのか

これはM-1が好きな人にはぜひおすすめの1冊です。
内容は、M-1審査員も務めるナイツ・塙の書いた漫才評論。
過去のファイナリストについての評論をまとめた本です。
ぴるは毎年かかさずM-1を見ていますが、これを読んでからは、
さらにM-1の見どころが増えてより一層楽しめるようになりました。
お笑い好きにとっては、後悔しない必読書です。

まとめ


いかがでしたでしょうか?初心者向けにおすすめの本を紹介しました。
物語が好きな方は、文学小説から入ってもいいですし、
知識が直ちに必要な方は、タイトルで気になった本を購入してみるのも面白いかもしれません。
いづれにせよ、まずは一歩踏み出せば、あとは習慣にしてしまうだけです。

とにかく1日6分以上、自分の成長につながることを意識してやっていきましょうね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました