「けのび」を制するものがトライアスロンを制す!水泳が一気にレベルアップする「けのび」とは?

スイム

スイミングスクールに通っていた人や、水泳部で大会に出場している人ですら「正しいけのび」ができていない人は多いです。
そんな人を市民プールなどで見るたびに

ぴる
ぴる

ああ・・・なんてもったいないことを・・・
そこを直すだけで水泳人生変わるのに・・・

とさえ思ってしまいます。そこで、この記事では

  • けのびで10m進めない人
  • 「ストリームライン」という言葉を聞いたことがない人
  • 「水中を滑る」感覚を味わったことがない人
  • ゆっくり泳いでいるのに、50mで息切れしてしまう人

などに向けて、けのびの重要性とコツを紹介します。
今けのびが正しくできていない人は、「25mのタイムが2,3秒速くなる」はずなので、ぜひ最後まで読んで実践してみてください。

けのびの重要性

けのびが正しくできることで、様々なメリットがあります。

重要性①:圧倒的に速くなる

水泳は必ず「飛び込み」または「ターン」をきっかけに泳ぎだします。(トライスロンは例外ですが)
ここで質問です!25mプールを泳ぐトップスイマーが最も速い瞬間はいつでしょう?

  1. スタート直後
  2. 5〜10m
  3. ターンorゴール直前

正解は・・・「1.スタート直後(けのび)」です!実は水泳は、「スタートの瞬間から、徐々にスピードが落ちていく競技」なんです。つまり、水泳が速くなるためには3つの条件があります。

  1. スタートorターン直後の速度が速い
  2. スタート後も減速しにくい
  3. レース後半まで一定のフォームで泳げる

この中で、「2スタート後も減速しにくい」ということをもう少し詳しく解説します。

この図は 100mを泳ぐ場合に「けのびの上手い人」と「けのびの下手な人」でスピードを比較したものです。
けのびの上手い人は、スタートやターン後の速度が落ちにくいため、ターンorフィニッシュまでのスピードが全体的に速くなります。
けのびの下手な人は、スタートやターン後から速度が落ちてしまい、ターンやフィニッシュまでのスピードが遅くなります。

読者の意見
読者の意見

じゃあ、早めに浮上して泳ぎ出せばいいんじゃないの?

という意見もあるかとおもいますが、あまり賢い戦略ではありません。

けのびを早めに切り上げて浮上した場合、たしかに早く泳ぎだすことはできますが、実際には「体力の消耗」の影響が大きく、腕や脚に乳酸がたまり、特に後半になるとスピードが出なくなります

こういった理由から、けのびを上手にできると圧倒的に速く泳げることがわかります。

重要性②:水泳の上達スピードがアップする

man doing butterfly stroke

「オリンピック選手の速さは次元が違う」と思っている人は多いと思います。
しかし、正しいけのびができている人にとっては、『【スタート直後5mのタイム】×10』なら『水の怪物・マイケル・フェルプスの50m自由形』よりも速いはずです。(それでも僅差かもしれませんが、、、笑)

先程も説明したように、水泳は「初速が最高速度」なので、『けのびをしている瞬間だけは、トップ選手の途中の泳ぎよりも速く進んでいる』ということになります。
この感覚は非常に重要で、「実力以上の速度感覚」が分かっていないと、「速く泳ぐイメージ」はつきにくいんです。逆に、速く泳ぐイメージがついていれば、フォームチェックのために泳いだときに、「ここは抵抗が大きすぎるな」や「キックが弱いな」などの『自己チェック』がうまくなります。この感覚により、本質的な改善が常にでき、上達スピードが上がって、早く速く泳げるようになります。

しかし、けのびがうまくできていなければ、そもそも「速く泳ぐイメージ」ができていないので、フォームチェックをしても、本質的な間違いには気づけません。したがって、上達スピードも遅くなってしまいます。

ストリームラインとは

いきなりですが、「ストリームライン」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
ストリームラインは、けのびの姿勢のことであり、水の抵抗を最も少なくなるための姿勢です。

聞いたことがない ≒ 正しいけのびを知らない
 = 正しい蹴伸びができていない
 = まだまだ伸び代がいっぱい!

ということなので、最後までしっかり読んでレベルアップしてくださいね。
ストリームラインがしっかりできている状態で壁を蹴ると、まるで体が水の中を滑っているような感覚になります。

正しいストリームラインのコツ

ストリームラインの正しい姿勢を図にするとこんな感じです。細かく説明していきます。

1. 肘を伸ばす

両手を重ねて、頭の後ろで腕を限界までピーンと伸ばした状態になります。肩の柔軟性も必要になるので、練習前後によくストレッチしておくといいと思います。「腕に力がぐっと入って壁を蹴ってもブレない」くらいのビシッとした姿勢を意識しましょう。

ぴる
ぴる

このポイントは、コーチが教えてくれないことがあります。
「腕の力を抜いて」なんて教えるところもあるようですが、よっぽどの体幹がない限りは「全力で」力を入れて腕をロックしてもいいくらいです。

2. アゴを引きすぎない

腕の中に頭を入れますが、アゴを引きすぎて下を向いてしまわないように注意しましょう。下を向いてしまうと、腕が下がってしまい、体が弧を描いてしまうためロスが大きくなります。

ぴる
ぴる

このポイントも、コーチが教えてくれないポイントです。
それどころか、「肘で耳を抑える(顔の横に肘がある状態)」と教えることも多いみたいです。

市民プールで頭が腕から出ているけのびをみるたびに、「もったいないなあ」と思います。

3. 背中を反る

胸を張ってお腹を凹ませることを意識して、背中を反ります。背中が曲がっていると、姿勢が弓なりになってロスが大きくなります。

4. 脚を閉じる

脚はスタートorターン直後に閉じます。脚が開いていると、ブレーキになってしまうので気をつけましょう。

5. 【ドルフィンキック】小刻みにキックを打つ

このポイントは、4泳法全てに共通する「ドルフィンキック」のポイントです。
動画は「水の怪物・マイケルフェルプス」の動画です。動画内でも語られていますが、ドルフィンキックを小刻みに打つことで、上半身のブレを減らし、ロスを減らすことが重要です。

ただし、どうしても膝下や足首を強化しておかないと、そもそも推進力がなくなってしまいます。ショートフィンを使った練習を取り入れるのがオススメです。

よくある「けのびの間違い」

僕が指導していたときにもそうでしたが、そもそも「けのびが分かっていないコーチ」は結構多いです。原因は、合格基準が甘かったり、フォームが悪くてもタイムがよければ合格になってしまったり。
そこで、けのびに関する「間違った指導」について紹介します

間違った指導①:「おへそを見て」

けのび姿勢でおへそを見ることは不可能ですが、要するに「目線を下げることで頭を沈めて」ということを言いたいのだと思います。しかし、これでは誤解されることが多く、「背中が丸くなる」クセにもつながってしまいます。

背中を丸めてしまうと、失速してしまいますし、あまりにひどいと顔を上げるときに姿勢がぐちゃぐちゃになってしまいます。正しくは、『背中を伸ばすor反る』です。

間違った指導②:「手を前に出して」

バタ足を教える前にけのびを習得させるようなクラスでは、「立った状態からジャンプしてけのびで平行移動する」といった練習メニューが組まれていたりします。この場合に「手を前に出して」という声掛け(指導方法)をされることがあります。ある意味まちがっていませんが、指導者と生徒の勘違いによって間違った指導になってしまいます

立った状態では、進行方向が『前』になりますから、手は『前』が正しいです。しかし、「壁を蹴ってスタートする」場合には、話が変わってきます。壁を床と考えると、進行方向は『上』になります。たしかに、正面から指導しているコーチなどからすると『正面=前』なのですが、泳いでいる人にとっては『壁から見た上』になります。

これを勘違いしたままでいると、「後頭部が腕の中に入っていない」&「腕が曲がっている」けのびになります。
このままでは、壁を蹴った瞬間に顔で水の抵抗をもろに受けて減速するだけでなく、その後の泳ぎも顔が正面を向いてしまったり、入水時に腕が曲がったままになるクセがついてしまいます。絶対にやめましょう。

まとめ

けのびの重要性、間違ったけのびによる危険性は理解いただけましたでしょうか?
正しいけのびができると、壁を蹴るのもターンも楽しくなり、さらにタイムもどんどん上がっていくので、「水泳を好きになる可能性120%」です。

今度プールに行くことがあれば、「間違ったけのび」を探してみてください。
残念ながら、すぐに見つかるはずです。。。。みなさんがそうならないように、願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました