【脱三日坊主!継続は力なり】トレーニングを続けるポイントと具体的な方法

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
アスリート
アスリート

トライアスロンのトレーニングって、3競技もあるし大変。
大会当日まで、続けられるか心配。

今回の記事では、こんな悩みを解決します。

自己紹介

この記事を書いている僕は、トライアスロン歴6年目で、デビュー2年目には大会で入賞し、日本代表にも選出されました。
子供の頃の習い事は行ったり行かなかったりだったし、卒業式間近にずる休みして先生に怒られるような、サボりがちだった僕が、なぜトライアスロンのトレーニングは継続できていたのか。
そんな経験をみなさんにお話できたらいいなあと思っています。

本記事の内容

この記事では、下記の内容をわかりやすく解説します!

  • 挫折する理由
  • 続けるためのポイント
  • 具体的な実践方法

【関連する過去記事】

スポンサーリンク

なぜトレーニングは続けられないのか?

僕が考える、トライアスロンのトレーニングが続けられない理由は下記の通り。

  • 3競技がどれも体力が必要な競技だから、トレーニングがつらい
  • トレーニングに時間がかかる競技ばかりで、時間が取りにくい
  • 3競技もトレーニングしている時間がない
  • 1競技ならまだしも、3競技を一緒に練習してくれる仲間がいない

どれもよくある「言い訳」なんですが、これが解決できれば、サボらなくなるということですね!

トレーニングのメリット

トレーニングはたしかに辛いし、時間も確保しにくい。
ですが、その辛いトレーニングを行うことで、こんなメリットがあります。

  • ストレス発散になる
  • ポジティブ思考になれる

ストレス発散効果

筋力トレーニングを行うと「セロトニン」が分泌されます。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、緊張をゆるめたり、気分をリフレッシュさせてくれる効果があります。
さらに、セロトニンは睡眠の質を向上させる「メラトニン」に変化するため、睡眠の質も向上します。
なお、他にセロトニンを分泌させるための行動としては、日光浴、森林浴などがあります。
つまり、トレーニングを行うことで、人体にとって「癒やし」を与えることになります。

ポジティブ思考

トレーニングで汗をかくとドーパミンが分泌されます。
ドーパミンが多く分泌されることでモチベーションが向上し、ポジティブ思考になります。
これをしばらく続けると、運動自体が好きになり、毎日トレーニングしたくなります。

トレーニングを継続させるポイント

結局、メリットがわかったところで、様々な事情があって続けられないからみんな困るんですよね。。。
そんなあなたにとっては、以下のことを意識するといいかと思います。

  • やりたくなるまでやらない
  • 生活の一部にしてしまう
  • 目標を達成できた&できなかった姿を想像する

やりたくなるまでやらない

たとえば、冬にバイクに乗ったら寒いし、夏の暑い日にランニングなんてやりたくないですよね?
逆に、暑い日はプールで水に浸かりたいし、筋トレで疲れている日は疲れを取りたい。
なので、暑い日はプールに行く、疲れているときはLSDでアクティブレストをする。
など、その日のコンディションややる気に合わせたメニューにするのもおすすめです。

これは、3種目あるトライアスロンの特権ですね!

生活の一部にしてしまう

トレーニングって、「わざわざ」やるから、面倒になってしまうんですよね。
ランニングやバイクは移動手段としても活用できますね。
僕の場合は、「バイク通勤」「犬の散歩(ランニング)」とすることで、生活の一部としてトレーニングできてしまっています。
あなたも、生活の中で、「トライアスロンチャンス」を探して、自然とトレーニングを織り込んでしまいましょう。

目標を達成できた&できなかった姿を想像する

「健全な体は自信を生む」というのが、僕の持論で、食べ過ぎてブクブク太ると、自信を無くす要因になります。
自転車にのっていると、カロリーを消費するのにわりと時間がかかりますが、ランニングは割と短時間でカロリー消費可能です。
したがって、できれば継続的にLSDが生活の一部に取り入れられれば、健全な体を手に入れることができ、生活が豊かになります。

そもそも、ランニングが好きじゃないだとか、ダイエットに興味ない、という方は、とりあえず1か月、毎日3~5kmだけでも騙されたと思って走ってみましょう。
ゆっくりでいいので、継続することで、体つきも気持ちも変わることが実感できますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
トライアスロンの成果を残す!と思っても、なかなかモチベーションは維持できませんが、
交通の足として必要だとか、自信をつけるために必要だとか、
なにか別にも理由があれば、つらいことがあっても自然と続けられるんではないでしょうか?

よかったら、日常やつぶやきを描いている下記ブログも同時にお楽しみください。

▶アメブロ

愛知の中古マンションでセルフリノベ暮らし
ぴるさんのブログです。最近の記事は「DIY初心者向け「棚」の作り方などなど(画像あり)」です。

▶Twitter

▶Instagram

https://www.instagram.com/cre8riathlon

コメント

タイトルとURLをコピーしました