トライアスロン・トランジションの基本的なルールと、タイム短縮のコツ

この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク
読者
読者

・トランジションってどうやるの?
・トランジションでタイムを縮めたいんだけど・・・

こんな疑問にお答えします!

自己紹介

この記事を書いている僕は、会社員をやりつつ、趣味でトライアスロンデビューして2年目でエイジ日本代表に選ばれました。
ブログでは、トライアスロン初心者の方が、日本代表になるまでに必要な情報をまとめています。
※トランジションのタイム短縮が目的の方は、「タイム短縮のコツ」まで飛ばしてください。

スポンサーリンク

トランジションとは

Cosmetics, Makeover, Foundation, Stick Foundation

基本

トランジションは競技と競技の間をつなぐものです。
スイムからバイクに変更するトランジションを「T1」
バイクからランに変更するトランジションを「T2」 などと呼ぶことがあります。

また、トランジションは「第4の競技」とも呼ばれており、そこでの順位変動によって大きくレースが動くことがあるくらい、トップ選手にとっては重要なパートです。

T1

T1でやることは、下記のとおりです。

  • ウェットスーツを脱ぐ
  • スイムキャップとゴーグルを外す
  • ナンバーゼッケンをつける
  • サングラスをつける
  • ヘルメットをかぶる
  • バイクをラックから外す
  • バイクスタートラインまでバイクを押して走る
  • バイクに乗る
  • ビンディングシューズを履く

T2

T2でやることは、下記のとおりです。

  • ビンディングシューズを脱ぐ
  • バイクから降りる
  • バイクを押して走る
  • バイクをラックにかける
  • ヘルメットを脱ぐ
  • ランニングシューズを履く
  • ナンバーゼッケンの向きを変える

※JTU主催の大会では、ランではナンバーゼッケンを前向きにするルールがあります。

トランジションのルール

Hammer, Books, Law, Court, Lawyer, Paragraphs, Rule

トランジションエリア
1 用具を交換する、競技コースの一部。エリア内は乗車禁止。ペダル片足走行も禁止。
2 ヘルメットのストラップは、ラックからバイクを外す前にしっかりと締める。フィニッシュ後は、バイクを掛けてからストラップを外す。
3 前輪の先端が、「乗車ラインを越えてから乗る」「降車ラインを越える前に降りる」。

JTU競技規則より抜粋

エリア内バイク乗車禁止

トランジションエリア内では、バイクに乗ることができません。片足走行も禁止です。
バイクスタートラインを超えるまでは、ペダルに足を載せず、車体を押して走ります。

ヘルメット着用

エリア内でも、バイクをラックにかけるまではヘルメットを外してはいけません。
ヘルメットだけでなく、ストラップを外すことも禁止となるので、注意してください。

タイム短縮のコツ

Juggler, Trick, Magician, Juggle, Balance, Coordination

【全般】道具の置き方を工夫する

  • ゼッケンベルト→サングラス→ヘルメットの順に取れるようにしておく
  • ビンディングシューズは履きやすいように開けておく
  • 足拭き用のタオルはシューズの上にセットする

など、具体的な動きを想定して、効率よく動けるようなセッティングにしておきます。

ワセリンを塗る

ウェットスーツ着脱には、体力を使います。
ウエットスーツは体にフィットするようになっているので、皮膚と生地の摩擦が大きく、脱ぐときには滑りが悪くてなかなか脱げません。
そこで、ウェットスーツ着用前に体にワセリンを塗っておくのがポイントです。
ワセリンを塗る箇所は、主に関節です。手首や足首、首まわりなど、しっかり塗っておきましょう。

ワセリンは、スイムだけでなく、バイク時には股擦れを防ぐために内股に塗っておいたり、ランシューズの内側に塗って擦れ防止に使えるなど、まさにトライアスリートにとっても「万能薬」なので、レース会場には忘れずに持っていくといいですよ。
もし忘れてしまった場合は、コンビニで売っている「ベビーワセリン」を買えばいいんですが、けっこう割高なので、予め買っておくことをおすすめします。笑

なお、ワセリンを塗るときには、手につかないよう、ビニール手袋を使いましょう。
手についていると、レース前に触るものすべてがベタベタになるので気をつけてください
必要な量だけ使いやすい、ポンプタイムのものがおすすめです。

【T1】ビンディングシューズをセットしておく

ビンディングシューズを履く&ペダルへ装着するには時間がかかります。
慣れないうちは、安全のために、トランジションエリア内でやればいいんですが、上位争いをする選手にとっては1秒でも削りたい時間です。
バイクセットの時点で、シューズをペダルに装着しておき、バイクスタート直後にペダルを回しながらシューズを装着します。

片方のシューズはフロントディレイラーのあたりに、もう片方のシューズはリアのクイックリリースのあたりに、それぞれ輪ゴムを使って引っ掛けておきます。

また、細い輪ゴムだと走っている最中に切れてしまうので、やや強めのものがおすすめです。
参考までに、僕は使用している、セメダイン製ゴムバンドのリンクを貼っておきます。

【T2】ソックスは履かない ※ODまでの距離に限る

シューズを履く前にソックスを履こうとすると、体力や時間を無駄につかってしまいます。
そのため、ソックスを履かずにランシューズを履くことで、最終的なタイム短縮に繋がります。

ランニングフォームや足の形、シューズとの相性によっては、擦れてしまう場合もあるので、シューズの足の甲や足首周りに、ワセリンを塗っておくのも有効です。
ただし、初心者など慣れていない人や、MDやLDなどの長距離のレースでは、足へのダメージが大きいほうが、リスクが大きく、最後まで走れなくなってしまう恐れもあります。
その場合は、履きやすさ、通気性、クッション性などを考慮したソックスがおすすめです。

下記のソックスは、速乾性、通気性に優れており、なおかつコスパも非常にいいので、トライアスリートにはおすすめです。

まとめ

今回は、トランジションをテーマにさせていただきました。
基本的なトレーニングももちろん重要ですが、トランジションの練習も、目標達成のためには重要になります。
レース中に不安にならないよう、事前にしっかり準備しておきましょう。

その他にも、タイム短縮につながるトレーニング機材選びについても記事を投稿させていただいているので、よかったら合わせてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました